2012年1月 東日本大震災から10か月

ライフサポート復興を支援する会の大関です。
国災といえる東日本大震災への国の対応は杜撰なものなのは皆様も感じている事でしょう。それだけではありません。全国に散らばってしまった福島第一原発の放射能に対して東電と官僚は罪のなすりつけあいをする始末。そんな現状が将来の子供たちの目に映るのはどういう影響があるのか?
子供達だって現在の日本が大きな問題を抱えていることぐらい分かっています。
そこでライフサポート復興を支援する会では、ひまわりは、地中に浸透した放射能セシウムを吸収してくれる効果があると全国のNPOをはじめとする団体が先駆けてひまわりプロジェクトを実行している事を知り、これなら子供達でもできるのではないかとプロジェクトを開始しました。弊社が管理する敷地に沢山のひまわりの種を埋めようと先日有志の子供達を連れて行ってまいりました。
植物には根っこから土壌の放射性物質を吸収するものもあるそうで、その中でもヒマワリが最も吸収の効率が良いのだという。土壌の放射性物質の除去までに30年以上はかかると言われる場所でも、わずか20日で95%以上を除去したという記録が残っている。
農水省の研究結果がありひまわりには放射性セシウムを吸収する効果はないと絶望的な発表がありましたが、私は今さら子供にそのことは 言えませんでした。
ただ、全く効果がない訳ではないのでひまわりの力を信じます。
それぞれに思いを込めて! ひまわりの力を信じます。

 

それぞれ被災地に思いを込めて
それぞれ被災地に思いを込めて

 次回炊き出し予定

 次回炊き出し予定は、

2019年11月17日

佐野市予定

朝8時集合

バスも池袋からでています

是非、ご参加及び協賛をよろしくお願いいたします

個人参加の場合、池袋からバスがでます。(往復4000円)はご負担いただきます。お問い合わせはLINEにてzekishin45 までお願いいたします。

  協賛募集

協賛金の振込先は以下になります。

 

りそな銀行

本郷支店 

普通 1820959

名義 

ライフサポート復興を支援する会

 

シェアはこちら↓